チョン・ウソンは独身貴族

チョン・ウソンは独身貴族

チョン・ウソンがどんな所に住んでいるのか気になりますね~~

先ほど出た夫婦チョン・ウソンとキム・ナムジュは芦屋の豪邸や田園調布を思わせるヨーロピアンスタイルの一軒家のすっごい豪邸に住んでいますし、あの韓国の小室哲哉のようなソ・テジ&イ・ウンソンの豪邸もお見事でございました。

微笑みの貴公子ことヨン様のペ・ヨンジュンは江南から引越して城北の2階建て高級住宅へ引越ししたそうな・・その敷地は760平方メートルの2階建て。いよいよ結婚するためか?!といろいろ憶測も流れているようですが、江南の高級マンションから一軒家へお引越し。

さて、チョン・ウソンはどこに住んでいるのでしょう!なんでもマンションを買ったようですよ。もちろん韓国セレブの街「江南」です。

マンション購入

不動産業界情報によると、チョン・ウソンとイ・ジョンジェは同じマンションに住むことになったという報道がされました。。

ソウル市江南区三成洞の新築最高級マンション「LaTERRASSE」を購入したそうです。こちらのマンションは16階建て総戸数は18戸。とこじんまりとしたマンションですが、セキュリティーが売りです。プライバシー保護を重視しているので、エレベーターは1世帯に1基です。韓国芸能界は日本の芸能界以上にプライバシーもないのが当たり前のようなので、この1世帯に1基というのはかなり魅力的に思えたのではないでしょうか~!

気になる価格は、40~50億ウォンと言われているので日本円にすると約3億4000万~4億2500万円という感じになりますね。ちなみにこのマンションですが、チョン・ウソンの同い年で親友のイ・ジョンジェが先にこのマンションを購入していて話題になっていたのです。仲良しの友人が購入したこともあって購入に踏み切ったのかもしれないですね。

なんでも東方神起の元メンバのパク・ユチョンも「LaTERRASSE」に引越しするかも?!と言われているので、18世帯のうちどれだけ韓国芸能人が住むようになるのかこれから楽しみかも?!と思えるほど「LaTERRASSE」は高級が売りでセキュリティが売りのマンションですね。「LaTERRASSE」の共有スペースはまさにホテルで、もちろん漢江の夜景とソウルの夜景も見れてしまうので人気があるのもなるほどねぇ~と思えます。

プライバシーに関してすごく考えられている「LaTERRASSE」には、最先端の防犯カメラ(CCTV)が設置されていて、もしも不審者がここに立ち入るとすぐにマンション内に常駐している警備員に通報されるので、これは芸能人にはありがたい防犯システムですね。

「LaTERRASSE」の、天井は一般的な高級マンションよりも更に高い高さの2.8メートル。インテリアもとても素晴らしいようで、すべて最高級クラスのものが採用されているそうです。そして18戸というこじんまりとした総戸数の半分以上がメゾネットタイプになっているので、マンションのようでありながら、一軒家の趣があるマンションスタイルなんでしょう。

それにしても、どうして芸能人の多くが江南の三成洞(サムソンドン)に住むんでしょうね~ なんでも不動産関係者が言うところによる、三成洞(サムソンドン)には高いセキュリティーを備えている高級マンションが多いからとのことなんです。

チャン・ドンゴン&コ・ソヨン夫婦も、三成洞(サムソンドン)に引越したようですが、以前は銅雀区黒石洞に住んでいたそうです。やはりセキュリティーの問題で三成洞(サンソンドン)の高級マンションに引越しです。子供も産まれましたし、子供が産まれれば余計マスコミから子供を守りたいと思ったのでしょうね。

江南の清潭洞(チョンダムドン)ももちろん高級住宅地ですが、こちらの地区にはソン・ユナやソン・スンホン、チェ・ジウといった多くの有名芸能人が住んでいますが、芸能事務所が多い狎鴎亭(アックジョン)の近くということもあって便利なんでしょうね~ なんといっても狎鴎亭(アックジョン)にはロデオ通りなるブランドストリートもあるので日本の表参道に住むみたいなイメージでしょうか。

チョン・ウソンが住んでいる三成洞(サムソンドン)はソウルのビジネスの中心地、COEXモールもあります。

韓国芸能人住宅事情

チョン・ウソンが「LaTERRASSE」の購入を決めたのは、勝手な推測ですが親友のイ・ジョンジェの紹介じゃないかなぁ~という気がします。

なんでも韓国のスターは日本の芸能人以上に、プライバシーに敏感になっています。徹底的なセキュリティーがなされていないと・・ということで、金額面よりもいかにセキュリティーが守られているのか。ということを非常に重視しています。

普段さんざんパパラッチにさらされているからこそ、しっかり自分のくつろぎの場を確保したいということでしょう。友達が家に遊びに来るところをパパラッチされないように、しっかりと保護された住まいに住むことが韓国芸能人が一番求めていることです。資産的価値よりも、プライバシーの確保を優先するために、1戸ずつの独立したエレベーターはもちろんのことですが、エレベーターが別々の他にも各戸にごとに出入口が別々になっていれば更にプライバシーは守られます。ここ数年の高級マンションタイプでのトレンドは、隣と会うことがないマンションです。これに加えて、他の人と会うことが無いようなアクセスと閉鎖的な環境がそろえば文句なし!決めた!契約だ!になるようです。

どうやってそんな物件を見つけ出すのかというと、韓国のトップスター達が暮らしている最高級マンションのほとんどは、最高級マンションだけを専門的に取り扱っている公認仲介所が清潭洞(チョンダムドン)三成洞(サムソンドン)漢南洞(ハンナムドン)といった最高級マンション全体を管理している点です。なんでもその最高級マンションを仲介している業者の関係者は、最高級マンション自体が閉鎖的なので一般不動産会社の仲人では最高級マンションを紹介することすら出来ないとのこと。

最高級マンションを扱っている専門の不動産でなければ、物件を紹介してもらうこともできないのが最高級マンションが超閉鎖的といわれる所以でもあります。

よって、芸能人は同じ芸能人の友人を通じて紹介を受けて連絡をしてもらうのが常となっていて、超トップスターレベル(顔が判明することを嫌がる)になると所属している芸能事務所のマネージャーが最高級マンション物件を扱っている不動産会社と接触して検討して、そして最後の最後。この物件をどうするか?!レベルになったときに、そこの物件に住むトップスターが該当する物件に足を運んで物件を決めるそうです。

ちなみに超VIP扱いのヨン様ペ・ヨンジュンが購入した物件の場所は、財閥系が住むエリアでペ・ヨンジュンの住居の真向かい側には、駐韓日本大使官邸があります。そして、現代グループ会長ヒョン・ジョンウンの自宅と現代グループ迎賓館、サムソン一家の住宅も隣接しているので財界人の住むこちらは、その土地自体が閉鎖的になっていて静かな所です。おまけに風水地理学的にも良いようで、土地に足を付けて暮らしたいと願ったぺ・ヨンジュンは土地に足を付けて暮らしまた山の綺麗な空気を吸って暮らすという城北洞(ソンブクトン)で願いを叶えたようです。もともと城北洞(ソンブクトン)の土地は財閥系の子孫が代々ずっと暮らしている土地柄ということもあり、そんなに頻繁な取引がない土地なので、よく城北洞(ソンブクトン)に物件が出た!という状況だったのかも?しれないです。