アクションもあれば愛もある・・

アクションもあれば愛もある・・

チョン・ウソンはアウトローな兄貴的存在で韓国の間違いなくトップスターのひとりです。チョン・ウソンは数あるキャリアの中で、最近ではミュージックビデオの監督としても活躍しています。今後は映画などの作品でもメガホンを撮るようになるかも?しれませんが、まだまだ男前チョン・ウソンをスクリーンで見たい気持ちのほうが強いかも?!

アクション愛

何がアクション愛かというと、キムチウエスタンとも呼ばれた作品『グッド・バッド・ウィアード』はクリント・イーストウッド監督と主演を務めてオスカー受賞作となった『許されざる者』や、セルジオ・レオーネ監督のマカロニ・ウェスタンをヒントにしたと監督のキム・ジウンが語ったことから、キムチウエスタンと呼ばれた映画ですが、この映画でチョン・ウソンはドラマで15年前に一度共演したことがあるイ・ビョウンホンと共演しています。

この映画でチョン・ウソンはかなり危ないアクションシーンがたくさんありますが、スタントに頼らず自身でアクションをこなしました。その結果・・手首を骨折してしまっています。闇市でのロープ・アクションの撮影する時にはすでに手首を骨折していたので、本来ならばギブスを装着していてはいけないところを、衣装からギブスが出てしまう。ということもあって、ギブスなしで手首が骨折したまま撮影に望みました。

そんなこともあって、チョン・ウソンにはとっても思い出深いアクションシーンになったと語っています。

イ・ビョンホンからも、もっと自分の体をいたわったほうが良いのでは?と思われるほど、体当たりでアクションをこなしています。この映画では15年ぶりのイ・ビョウンホンとの共演をじっくり味わったとも語っていますが15年前のテレビドラマで共演した時はチョン・ウソンはまだ新人ということもあって、イ・ビョンホンの演技をみる余裕もなにもなかったそうです。『グッド・バッド・ウィアード』では兄弟という設定ということもあって、同じ一緒にいる時間も多くイ・ビョウンホンのディテイールにこだわる役作りを目の当たりに見れて良い刺激を受けたようです。

出演作品

  • 1994年(日本公開1995年)・・・『千年愛 クミホ』(監督:パク・ホンス)※共演コ・ソヨン
  • 1996年(日本未公開)・・・『ボーン・トゥ・キル』(監督:チャン・ヒョンス)
  • 1996年(日本公開1998年)・・・『上海グランド』(監督:ツイ・ハーク監督 香港)※共演:アンディ・ラウ、レスリー・チャン
  • 1997年(日本未公開)・・・『ビート』(監督:キム・ソンス監督)※共演:コ・ソヨン
  • 1997年(日本公開1998年)・・・『モーテル・カクタス』(監督:パク・キヨン監督)※共演:チン・ヒギョン
  • 1998年(日本未公開)・・・『太陽はない』(監督:キム・ソンス監督)※共演:イ・ジョンジェ
  • 1999年(日本公開2001年)・・・ユリョン(監督:ミン・ビョンチョン監督)
  • 1999年(日本未公開)・・・『ラブ 最愛の人』(監督:イ・ジャンス)※共演:コ・ソヨン
  • 2001年(日本公開2003年)・・・『MUSA -武士-』(監督:キム・ソンス監督)※共演:チャン・ツィイー、チュ・ジンモ、アン・ソンギ
  • 2003年(日本公開2005年)・・・『トンケの蒼い空』(監督:カク・キョンテク)
  • 2004年(日本公開2005年)・・・『私の頭の中の消しゴム』(監督:イ・ジェハン監督)※共演:ソン・イェジン
  • 2005年(日本公開2006年)・・・『サッド・ムービー』(監督:クォン・ジョングァン)
  • 2005年(日本公開2006年)・・・『デイジー』(監督:アンドリュー・ラウ)※共演:チョン・ジヒョン
  • 2006年(日本未公開)・・・『レストレス 中天』(監督:キム・ソンス)※共演:キム・テヒ
  • 2007年(日本公開2009年)・・・『グッド・バッド・ウィアード』(監督:キム・ジウン監督)※共演:イ・ビョンホン、ソン・ガンホ
  • 2009年(日本未公開公開)・・・『きみに微笑む雨』(監督:ホ・ジノ監督)※共演:カオ・ユアンユアン
  • 2010年(日本公開2011年)・・・『レイン・オブ・アサシン』(監督共同監督:ジョン・ウー、スー・チャオピン)※共演:ミシェル・ヨー

チョン・ウソン略歴

  • 1992年(19歳)・・・CMモデルとしてデビュー!
  • 1994年(21歳)・・・映画『千年愛 クミホ』のオーディションに合格。この作品で俳優としてデビュー。
  • 1996年(23歳)・・・・・・女優キム・ヘス、歌手で俳優のリュ・シウォンと共演した正月特別ドラマ『コムタン』が、ヒューストン国際映画祭金賞と ニューヨーク映画&テレビ・フェスティバル テレビドラマ部門特別賞を受賞。
  • 1996年(23歳)・・・ドラマ『アスファルトの男』に出演。共演は、イ・ビョンホンとイ・ヨンエ。その演技が評価されて、第32回百想芸術大賞新人演技賞を受賞。
  • 1997年(24歳)・・・映画『ビート』でアウトローな主人公の「高校生ミン」を演じて、一気に注目を浴びることに。そして演技力が高く評価されて、第17回映画評論家協会賞新人男優賞を受賞。
  • 1999年(26歳)・・・第20回青龍映画賞人気スター賞を受賞。
  • 2000年(27歳)・・・歌手グループgod(ジーオーディー)の『君が僕から去った後に』ミュージックビデオの監督を手掛けます。
  • 2001年(28歳)・・・第2回大韓民国映像大典 CFモデル部門フォトジェニック賞を受賞。
  • 2001年(28歳)・・・第22回青龍映画賞人気スター賞を受賞。
  • 2002年(29歳)・・・チョン・ウソンが監督を務めたミュージックビデオ『LOVE ♭(ラブフラット)』が、第1回ミザンセン短編映画祭オープニング作品として上映。
  • 2004年(31歳)・・・日本のテレビドラマ『Pure Soul~君が僕を忘れても~』をリメイクの、映画『私の頭の中の消しゴム』に出演。日本でのファン層を掴む。
  • 2006年(33歳)・・・映画監督としてデビューすると発表される。
  • 2007年(34歳)・・・日本の漫画『シティーハンター』の主演として、日本のドラマに出演することが発表。
  • 2008年(35歳)・・・LVHIFF(ルイ・ヴィトン・ハワイ国際映画祭)にて「演技功労賞」受賞。
  • 2008年(35歳)・・・第29回青龍映画賞人気スター賞を受賞。